FiNC(フィンク)の攻略法・裏技・評判・口コミ 歩くだけでポイントを稼ぐ歩数計アプリ

一部で「怖い」ともいわれているウォーキングアプリFiNC(フィンク)。とはいえ歩いてポイントが貯まるのは非常に便利ですのでよく見ていきましょう。

あなた専属パーソナルAIトレーナーがダイエットサポートをしてくれます!
その上歩くなどでポイントが貯まり、貯まったポイントはフィンクモールというフィンクのショッピングサイトでの買い物に使えます。

①アプリをダウンロードする

まずはダウンロードしてみましょう。なお、フィンクには友達紹介制度があります。

登録時に招待コード「rkc3w88s」を入力するだけで500円分相当のポイントがもらえますので、登録時は招待コードを入力してみてください。
▼登録はこちらから

②ごほうびウォーカーと連携する


ごほうびウォーカーはフィンクの関連サービスです。フィンクアカウントを取得したうえで連携すると、500円分相当のポイントがもらえますので登録しておきましょう。

③友達を紹介する

友達を紹介すると、1人につき800円分のポイントがもらえます。

紹介方法はツイッターやLINEなど様々なものがあります。

1.アイコンをクリック
2.「友達招待」をクリック
3.紹介方法を選択
で紹介できます。

1.アイコンをクリック

2.「友達招待」をクリック

3.紹介方法を選択

④歩いてポイントを貯める

フィンクではその日の歩数に応じてポイントがもらえます。1500歩・3000歩・5000歩・10000歩・目標歩数達成でそれぞれ1ポイントゲットできます。

なお、目標歩数は1000歩以上から設定できますが、10000歩以下にしておけば10000歩歩くことで毎日確実に5ポイントが貯まります!

さらに、フィンク以外にも歩いてポイントを貯められるポイントサイトは様々あり、それらを併用していくことで効率よくお小遣い稼ぎをすることができます。詳しくは歩くだけでポイントを稼ぐアプリ一覧をご覧ください。

ちなみに、10000歩歩くのはきついという人も多いでしょう。そんな時は歩数を10000歩増やす方法をご覧ください。

⑤記録してポイントを貯める

私はフィンクを不労所得アプリとして利用していますが、フィンクのそもそもの趣旨はポイントも貯まる「健康管理アプリ」です。

体重・睡眠・食事を記録することでそれぞれ1ポイントずつ、毎日計3ポイントが貯まります!

健康になれてポイントも貯まっていくだなんて素晴らしいですね。

⑥ミッションをクリアしてポイントを貯める

フィンクには健康になるためのミッションがあり、それをクリアすることでポイントを獲得できます。

⑨フィンクの有料サービス


フィンクには「フィンクプレミアム」という有料サービスがあります。

以下のような特徴を持っています。

なお、この有料サービスは2週間無料体験できますので、試しにやってみると良いでしょう。

▼体験はこちらから可能

■フィンク

■ごほうびウォーカー

■関連記事
歩くだけでポイントを稼ぐアプリ一覧
歩数を10000歩増やす方法

■おススメ記事
・スキル7 さっさと10万円以上稼ぐ方法
・ビットコインおすすめ取引所ランキング 不労所得ネオニートがビットコイン(仮想通貨)を買ってみた① 
・ネオニートとは?(自己紹介)
・(今だけ!)登録するだけでビットコインを無料でゲット!期限迫る、急げ!
・Coke ON(コークオン)の攻略法

⑦不労所得をぼろ儲けする方法

さて、閑話休題です。

今回のフィンクはもちろん、様々なポイントサイトを併用していくと多額の金不労所得として得られるようになります。

当サイトでは不労所得スキルを色々と紹介しています。

特におすすめなのはネットで短期間で大金を賢く稼ぐ 10万円をすぐにゲット!です。

これは端的に言ってポイントサイトの高額案件でぼろ儲けするという方法です。

また、ポイントサイトは友達紹介なども併用すると一層稼げるようになります。

いずれにしても、ネットで短期間で大金を賢く稼ぐ 10万円をすぐにゲット!を見ていただけたら良いと思います。

なお、おススメのポイントサイトはモッピーげん玉です。

・モッピーに登録してみる
モッピー!お金がたまるポイントサイト

・げん玉に登録してみる

⑧フィンクが怖いってどういうこと?

「フィンク」とググると「怖い」と出てくることがあります。

これはどういうことなのでしょうか?

フィンクの売りは「あなた専属パーソナルAIトレーナーがダイエットサポートをしてくれます!」ということです。

しかし、そのAIトレーナーが何か怖いと言われているようです。

実際私もAIトレーナーに話しかけてみましたが、何か不気味でした。

どうでしょうか?まあ、これがメリットでもあるのです。