不労所得を稼ぐ方法 1まずは健康

バカは時間を使って金を得る。利口は時間を使って「金を得るシステム」を得る。不労所得を得るというのは後者になるということである。
よって、当ブログでは「短期的に高額を稼ぐ」方法ではなく「最初は少額だが長期的に稼ぐ」方法を提示する。
 
なお、分からないことがあったら以下のSNSに登録してほしい。

ここから登録すれば私のアカウントが自動登録される。うざくなったらブロックしてもらっても構わないが、ここから私へ質問可能である。(このSNSを怪しいと思う場合はとりあえずフリーメールで登録すればよいだろう。)

▼このSNS▼
https://www.wowapp.com/w/username2020





1 まずは健康

よく「大企業の社長にデブはいない」と言われる。その理由は、セルフマネジメントができているかどうかという意見もあるが、さらに言えば「健康体の方が同じエネルギーで2倍、3倍のパフォーマンスを発揮できる」というのが大きいと私は思う。
つまりは、デブがフルで8時間働く量を、健康体の人の場合は4時間程度で終わらせられるという事だ。
不労所得を目指す場合、最終的には自分の会社を運営することも目指す(当ブログでその方法も紹介していく)。私は学生の傍ら会社を運営している(ネット媒体では炎上しやすいから私の会社名は秘密です)。

いずれにしても健康は重要だ。だが、では今太っている人が健康を目指すとして、健康体になるまでダイエットしていてはおそらくいつまでも不労所得形成へと動き出すことはできない。よって、ダイエット等は不労所得形成と並行して行う

とはいえ、私は健康の専門家ではないので、具体的な方策は提示しない。「健康になった方が良いよ。」というのを言いたかっただけである。

ただ、それだけだと無責任であるかもしれないので、中高生時代に太っていた私が読んだダイエット本の中でも特に役立つものを以下にピックアップした。ぜひ参考にしてみてほしい。


あるいは、サプリを試してみるのも良いかもしれない。▼こんなのがある▼













あるいは着るだけのも良いだろう。不労所得ならぬ不労ダイエットである。





とはいえ、そもそも元手がなければ以上の商品を買うことはできないだろう。とりあえず、次の記事では手っ取り早く稼ぐ方法を提示したいと思う。

▼次の記事はこちら▼

とりあえず数十万の元手を手っ取り早く稼ぐ

▼目次に戻る▼

不労所得を稼ぐ方法 目次


▼SNSでシェアする▼



1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。