他力本願こそネットビジネス成功の本質

 ライター:竹峰翔馬 プロフィール


仕事で成功する美談として語り継がれる大抵のパターンは「貧しい家庭から現場で働いて出世、大金持ちに。」というものです。しかし、現実に成功しているのは、現場で働くことはあっても、ゆくゆくは現場から指揮する立場等に昇進し、他人をうまく使う人です。

よく「社長が頑張る会社は潰れる」という言葉があります。これは経験から導き出された言葉ですが、理論的にも正しいです。どんなにすごい社長であっても、分身の術を使えるわけではないのだから一人でできる行為には限界があります。それこそ小規模から発展する段階で個人のカリスマというのは役立つのかもしれませんが、大きくなればなるほど、周りの人間の能力の高さも求められてきます。

それこそ、何年も続く旧財閥系企業(三菱三井住友安田など)は、初代の社長が亡くなっても続いています。これは、常にカリスマ社長が誕生したというよりは、周りの人間が優れていたと見ることができるでしょう。
以上から、成功するには他人を使えということになります。




といっても、感情の生き物人間は、現状傑物でない人の元には集まってきません。よって、皆様がいきなり人を集めることは難しいです。

しかし、時代は変わりました。人間の仕事の多くを機械やネットが代替するようになりましたのです。つまりは、傑物でない人がまず集めるべきは機械やネットです。といっても、いきなりトランスフォーマーを作れといっているわけではありません。ネットの様々なツールを活かせということです。

例えば無料ブログ、例えばツイッター、例えばアフィリエイト広告、例えばポイントサイト。ネット上には様々なツールが転がっています。とは言っても、既存のツールは皆に公開されているため、それをただ漫然と使っているだけでは他の人と差をつけることはできません。

しかしご安心ください。私が実際にやって成功してきたメソッドを実際に公開しています。これも一種のツールですのでぜひ活用してみてください。最終的に「不労所得」を得られるように指導していきます。

▼こちら▼

不労所得を稼ぐ方法

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。