木力検定 詳細情報・合格体験記 初級・中級・上級

 

木力検定とは?

“木力検定の目的は、木に関する問題を解いてもらいながら木の良さを伝え、その利用に関わる正しい知識を身につけてもらうことです。(http://www.woodforum.jp/test/mokken/より)”

資格情報

木力検定には2019年11月12日現在、初級及び中級があります。(上級は開催調整中。)

初級中級は共に20題の出題で、ネット上完全無料で受験する事ができます。

受験の際には名前と性別と年齢と職業と住まいと木材への関心を入力して受験をスタートします。

http://www.woodforum.jp/test/mokken/より

合格基準は20題中14題以上の正解です。

制限時間もなく、自由に検索できます。初級はググりながらゆっくりと解けばいけるでしょう。ただ、中級はただググるだけでは分からないものもあります。

そうした中での攻略法は以下の合格体験記に書いておきます。


公式テキスト

グーグルブックスのプレビューはこちらです。



合格体験記

竹峰(https://twitter.com/takeminesyouma_ )の合格体験記を記していきましょう。

まず初級についてですが、先ほども述べた通りググりながら取り組めば問題ないと思います。時間はかかりますが、まあどうにかなるでしょう。

なお、竹峰翔馬は4,5回目の受験でやっと合格しました。木ムリエってなんだよw

次に中級ですが、これは少し曲者で、ググっても中々分からない問題もあります。そこでいくつかの裏技を紹介したいと思います。

まず、問題文をコピペしてググってみましょう。問題によってはグーグルブックスで木力検定 木を学ぶ100問 [ 井上雅文 ]という公式テキストのプレビュー版を見る事ができます。プレビュー版ですので全てのページを見られるわけではないですが、モロの答えがわかる場合もあります。

そして次に、解き終わったタブを残しておきましょう。最後まで解き終わって採点すると答えと解説が見られます。再度の受験では問題が入れ替わるのですが、ダブる問題もいくつかあります。そのため、2回ほど適当に答えて採点した上で、その解説を元に3回目ガチで解くという方法があります。私はこの方法で合格しました。

それでも無理なら公式テキストを買いましょう(笑)