学校にはエアコンを設置すべきである~根性論は非効率~

 ライター:竹峰翔馬 プロフィール


暑い、マジ暑い、クソ暑い。

ということで、ただでさえインドア派なのにさらに引きこもり気味のネオニートブロガー竹峰翔馬がお送りいたします。

最近埼玉県所沢市の住民投票で小中学校の教室にエアコンを設置することの賛否を問う住民投票が行われた。

結果は「エアコン設置」に賛成が5万6921票で、反対の3万47票を上回った。しかし、投票率は31.54%にとどまり、市条例で結果を重視することを定めた「多数票が投票資格者の3分の1以上」という条件には届かなかったとのことだ。
引用 huffingtonpost

まあそもそも、地域の住民投票に法的拘束力はない。「結果を重視する」というのはいわゆる「霞が関文学」という中での(私の脳内)広辞苑によると、「結果を重視しない」ということであるし。

※霞が関文学:霞が関に多数存在する省庁(財務省など)によるレトリックのこと。努力する=義務ではない=努力する必要もない=努力しない といったようにして政治家たちを翻弄する美しい文学(笑)である。

じゃあエアコンを設置する必要はないのか???

なわけねーだろアホ!!!

さて、以下にエアコン反対派の論拠をいくつか示します。

そしてそれを完膚なきまでに論破していきます。

論拠①暑さに弱くなる・若い内から慣れるのはよくない
→「弱くなる」って根拠あんの?大体それで子供が死んだら本末転倒だろ。第一「人間が賢くなってきた」ために暑さ対策の道具は色々と開発されてきてんだよ。涼しい環境で子供がしっかりと勉強して、さらに開発していく方が良いだろ。

論拠②俺が若いころは余裕だったぞ
→気温は上がってんだよカス。それに、そんなこと言うならお前は原始人レベルの生活をしてみろよ。原始人は自分で火をおこしていたぞ、日常的にやってみろよ。

論拠④お金が….
→埼玉県の他の市ではほぼ設置されていますけど???しかも所沢って結構大きな市ですよね?それに、涼しい環境でしっかりと勉強してもらう方が教育による公的便益を得られると思いますが。

結論 エアコンは設置しろ